011-768-7190

求人難が深刻化している今、人を雇うよりも次世代サービスに目を向けるべき

採用難な今、目をつけるべき次世代サービス

2018年度末のデータでは、過去最高と言っていいほど人材不足で求人難が証明されました。

特に、中小企業を中心とした人材不足による会社倒産が目立っていて、いわゆる「求人難型」の倒産が増えてきています。

このように、今の日本企業では人材を確保することが非常に難しくなってきているのです。

その背景には、少子化による労働人口の減少などの要因もあるのですが、今の時代に正社員を雇おうと躍起になるのは得策とは言えません。

求人難が深刻化している今こそ、正社員を雇う以外の人材確保のやり方について理解しておくことが重要

そこで今回は、正社員を雇うよりも先に目を向けるべき次世代サービスについて解説していきたいと思います!

人手不足の倒産が増えている原因とオンラインにある解決方法

昔と今で雇用状況が違う理由

求人難1

少し前の日本、高度経済成長期のGDPが世界トップクラスだった頃の日本では、人材不足に悩まされる企業もほとんどありませんでした。

その少し後にリーマンショックを迎えて就職氷河期となってしまうのですが、人材の不足加減というのは景気に左右される側面が強いということでもあります。

なので、昔の日本であれば新卒採用で大量に学生を採用しておくことで、求人難を避けることが出来ていたのです。

しかし、今は日本企業だけに限らず、世界的にも不景気の前兆段階と言われている時代。

安易にたくさんの人を正社員として抱えてしまうと、ガチガチに固められた日本の法律では、簡単に解雇することが出来なくなってしまうのです。

会社が人件費によって倒産の危機を迎えたとしても、他のいくつかの条件を満たしていなければ解雇できない仕組みになっています。

とどのつまり、企業にとって社内で人材を抱えておくということは、経営的にもリスクになりかねないということ。

なので、景気がよろしくない現代では、人材が不足しているからといって安易に正社員を増やすことが出来る訳でもないという事情があるのです。

もちろん、少子化やコンプライアンスの可視化など他にも理由はいくつか挙げられますが、総合的に雇用リスクが高い時代であることに間違いはありません。

特に、冒頭で述べた「中小企業を中心とした人材不足による倒産」から考えても、経営的に大企業に劣る中小企業では人材を容易に確保することができなくなってしまっているのです。

目を向けるべき次世代サービスとは?

では、正社員を雇うよりも先に目を向けるべき次世代サービスとは、一体何なのでしょうか?

それは「アウトソーシング」と言われるサービス、いわゆる外注化のことです。

会社の利益に直結する専門性の高い業務(コア業務)に関しては、社内でやるべき仕事なのでアウトソーシングできません

しかし、一般的に雑務と言われているノンコア業務に関しては、社内で抱えずアウトソースする方法が今の時代に適しています

ただでさえ人手不足で頭を抱えているのに、少ない人材リソースをノンコア業務に割くと経営不振に繋がるリスクが高まってしまいますからね。

いくら求人を出しても人が集まりにくい現代では、必要な時に集めて用事が済んだらパッと切ることが出来るアウトソースの需要が高まっています。

ただ、アウトソースにもデメリットはあります。

それは、アウトソースして社外の人に頼む祭、手順などをマニュアル化することに時間と労力がかかってしまうことです。

せっかくノンコア業務をアウトソースして社内の従業員には重要な仕事を任せようと思っても、外注化するまでの段階で人手がかかってしまっては元も子もありません。

猫の手も借りるほど人手が欲しい会社にとっては、アウトソースの代表格であるクラウドソーシングではなく、オンラインアシスタントサービスがオススメです。

オンラインアシスタントサービスであれば、アウトソースまでにかかる手間や人材確保など、あらゆる工程を代理でやってくれるので非常に有料なサービスですよ。

オンラインアシスタントが救世主である理由オンラインアシスタントサービスは中小企業の救世主である5つの理由

まとめ

今回は、正社員を雇うよりも先に目を向けるべき次世代サービスについて解説しました!

求人難の時代に求人を出そうと頑張っても、会社のコア業務に影響が出てしまし、経営を圧迫してしまう恐れがあります。

アウトソースするリソースは増えているので、思い切ってそちらに舵をきるべきです。

オンラインアシスタントサービスを使って、人材不足による倒産を回避して経営不振から脱却していきましょう!