011-768-7190

【テレマーケティング】ネット時代だから、見直したい電話業務の大切さ

最近ではITサービスの発達により、連絡や重要なやり取りをメールやチャットで終わらせたり、企業間の業務もネット上で解決する時代になりました。

何事もオンラインで完結させることで業務の効率化を図ることができるようになりましたが、オンラインでの業務が増えたからこそ対面や電話でのコミュニケーションが減り、逆に業務が滞ってしまうという場面も増えています。

そういったネットの弊害が出現した現在、電話で意思疎通を図ることの大切さが再確認されています。そのため今回の記事では、テレマーケティングという電話での営業業務について詳しくまとめていきます。

オンラインアシスタントが救世主である理由オンラインアシスタントサービスは中小企業の救世主である5つの理由

ネット時代だからこそ使いたいテレマーケティング

テレマーケティングは近年、多くの企業に軽く見られがちですが、こんなネット時代だからこそ電話を利用することで、今まで以上の効果が発揮されることがあります。

テレマーケティングとは

テレマーケティングとはテレフォンマーケティングの略で、ダイレクトマーケティング(直接営業)の1つです。

電話を利用して顧客に直接商品やサービスを販売する方法ですが、既存の顧客に対して行い相手のニーズを聞き出して市場調査を行うためにも利用されています。

勧誘の電話や電話を通じたアンケート調査などももちろんテレマーケティングに含まれますが、顧客からの電話による問い合わせを受けたり、クレームの処理などもテレマーケティングがその役割を担っています。

また、電話で営業活動を行うことで新規顧客の開拓を行ったり、商品やサービスの購入に迷っている顧客の意欲を高めたりその用途は様々です。

ちなみに、テレアポはこれまで接点を持っていない新規の相手に対して電話で営業を行う仕事のことで、名簿などから電話番号を見つけアポイントを取る仕事のことですが、このテレアポもテレマーケティングの1つとされています。

テレマーケティングが持つ効果

テレマーケティングを活用することには、以下のようなメリットがあります。

  • 商品の魅力を口頭で伝えることができる
  • 見込み客にのみ営業することができる
  • テキストメールより顧客との信頼関係を構築しやすい

それでは以上について詳しく解説していきます。

商品の魅力を口頭で伝えることができる

テレマーケティングを活用する最も大事なことは、サービスや商品の売り上げに直接貢献できるという点です。

というのも、テレマーケティングは顧客と直接会話し、サービスや商品の魅力を伝える営業スタイルをとるので、顧客側は疑問点や不安なことをその場で解決することができ、購買意欲が上がるためです。

見込み客にのみ営業することができる

事前にFAX-DMやDMを発送し、関心を喚起したうえでテレマーケティングを行えば、顧客側が話を聞く姿勢になっている可能性が非常に高くなります。

また、関心を示した見込み客にのみ営業をかけることができるため、無駄な時間や経費を削減することもできます。

テキストメールより顧客との信頼関係を構築しやすい

テレマーケティングでは顧客と従業員が直接話すため、対話を重ねることで信頼関係を構築することもできます。

クレームの場合にも、メールで対応するよりも電話で対応するほうが早期的な解決につながり、企業の信頼性も高くなります。

しかしながら、顧客と直接対話するため従業員の資質で左右される部分も大きくなります。そのため、従業員のためにテレマーケティング研修を充実させることが企業側に求められます。

テレマーケティングを使う重要性

現在はITを利用したサービスが充実しているため、電話業務はおろそかにされがちです。

確かに、インターネットによる業務のほうが電話より楽である場合が多いのですが、顧客と直接話すことのできる電話業務は決して無視することはできません。

企業が提供しているサービスや商品の内容にもよりますが、インターネットが得意ではない人やこれ医者に対してはネット上ではなく電話での対話を望んでいる場合も多く、この層をターゲットにしないのは非常にもったいないと言えます。

加えて、複雑な問い合わせであればメールでのやり取りよりも電話で解決するほうが短時間になりますよね。電話で対応することで、顧客満足度が上がる場合もあるため、テレマーケティングを無視することはできません。

さいごに

テレマーケティングにはオンラインアシスタントの活用もおすすめ。

なんでもネット上で解決する今だからこそ、テレマーケティングに取り組む重要性についてもう1度見直してみてはいかがでしょうか?

現代の企業では、業務を効率化することのできるITサービスとテレマーケティングの両方を活用することが求められているのです。

しかし、実際にテレマーケティング用の部署を設置しようとすると、そのためのスペースや人材の確保が必要になり、その教育費なども少なくはありません。

そういった場合には、採用も場所の確保も必要ないオンラインアシスタントサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

電話での業務について経験豊富なアシスタントがリモートで対応することができるため、人員やスペースを確保する必要がなくなるだけでなく教育にかける時間や費用も必要はありません

すぐにでもテレマーケティングに取り組もうと考えているのであれば、こういったITサービスの活用も検討してみてはいかがでしょうか?