011-768-7190

今の時代当たり前?経理業務アウトソースするメリット・デメリット

昨今、クラウドソーシングなどを用いて業務の一部をアウトソーシングする方法が注目されつつあります。

直接利益に結びつく「コア業務」は社内の専門的なスキルがある人に任せて、それ以外の「ノンコア業務」はアウトソーシングした方が効率的です。

経理に関しても、社外の専門家に経理アウトソースを委託した方が、人員不足やコスト面で大きなメリットがあるのです。

経理を外部の人間に任せるというとリスクが高いように感じられるかもしれませんが、今や経理だってアウトソーシングの時代。

そこで今回は、経理アウトソースを利用することでもたらされるメリット・デメリットについて解説していきたいと思います!

クラウドソーシングを利用するメリット・デメリット企業がクラウドソーシングを利用する前に知るべき6つのこと【外注の落とし穴】

経理の業務について

経理 アウトソース1

まず、経理の業務にはどんなものがあるのか、簡単に確認しておきましょう。

今回述べていく「経理のアウトソーシング」に関しては、

  • 伝票入力
  • 小口の管理
  • 請求書発行

などのノンコア業務に限ります。

経営の中でも、コア業務(意思決定に関する業務)までアウトソーシングすることは現実的ではないので、全ての経理を外注化するのは得策ではありません。

あくまで、社外の専門性がある人に任せても問題ない部類の仕事で、アウトソースを利用していきましょう。

また、経理の仕事は一般的にブラックボックス化されているケースが多いと言われています。

もしあなたの会社の経理担当の人が、突然辞めてしまったら困りますよね?

経理の業務は、何年も同じ人が携わっていたりすることが多いので、ノンコア業務に関しては社内で抱えておく意味があまりないのです。

新しく社員にノンコア業務を教育するのもコストがかかってしまうので、いつ経理担当の従業員がいなくなっても仕事が回るエコシステムを作っておく必要がありますね。

コア業務とノンコア業務を分けて外部リソースを使うと得られるメリットコア業務とノンコア業務を分けて外部リソースを使うと得られるメリット

経理をアウトソースするメリット

経理 アウトソース2

では、ノンコア業務に分類される経理の仕事をアウトソーシングした場合に生じるメリットについて述べていきます。

人員不足を解消できる

社内の人員リソースが足りていない場合、ノンコア業務に人手を割かれていては元も子もありません。

なぜなら、人手が足りていない時こそ、社内の従業員には利益に直結するコア業務に取り組んでもらう必要があるからです。

人手が足りないときこそ、専門性が高くアウトソースできない経理業務を社内で取り組み、アウトソースできそうな経理業務はどんどんアウトソーシングしていきましょう。

人手不足の倒産が増えている原因とオンラインにある解決方法

不正問題を解決できる

経理業務は、直接お金が絡んでくる仕事になります。

過剰に従業員に対して疑いの目を向ける必要はありませんが、やはり社内の人間だけで経理業務を完結する方がリスクは高くなりますよね。

専門性をもった社外の人間にアウトソースすることによって、第三者の目が入ることになるので健全な仕組みが保たれます。

最近では会社の不正問題がメディアで多く取り上げられていますが、アウトソースできる経理業務を外注化しておけば、そのようなリスクをかなり高い確率で防ぐことが出来るでしょう。

コストカットできる

アウトソースを利用することによって、正社員のように定額で雇う必要性がなくなりますね。

人手が欲しいときだけ仕事を頼んで、雇用が足りているときは仕事を頼まなければ良いので非常に便利です。

変動制で仕事を振ることができるのはアウトソーシングの大きなメリットなので、ノンコア業務である経理の仕事で積極的にアウトソースを利用すると良いですよ。

経理をアウトソースするデメリット

経理 アウトソース3

逆に、ノンコア業務に分類される経理の仕事をアウトソーシングした場合に生じるデメリットについて述べていきます。

安定したクオリティが担保されにくい

経理に関わらずアウトソーシング全体の問題点ですが、クオリティにばらつきが生じてしまうことがあります。

理由としては、毎回同じ人に仕事を頼めるとは限らないからです。

特定の個人に対して業務委託しているなら話は別ですが、クラウドソーシングなどを利用して毎回違う人にアウトソーシングしていると、たまに低クオリティの成果物を提出されることもあります。

人手が潤ってきたときにノウハウがないから困る

経理のアウトソースは人手が不足しているときに非常に便利ですが、逆に人手が足りてきたときに困る可能性がありますね。

今までアウトソースしていた業務を、いきなり社内でやろうと思ってもノウハウが無いので苦労するでしょう。

ただ、既にノウハウが蓄積された状態でアウトソースするのであれば問題ありません。

まとめ

今回は、経理アウトソースを利用することでもたらされるメリット・デメリットについて解説しました!

経理をアウトソースすることで当然良いことも悪いこともありますが、総じて考えてみると明らかにメリットの方が大きいと言えます。

わざわざ社内の従業員がやる必要のないことをやっていては、どうしてもコア業務の進行度は遅くなってしまいますからね。

アウトソース出来ることは積極的にアウトソーシングして、社内の従業員にしか出来ない・任せられない仕事をやっていく必要があります。

経理だって今やアウトソーシングの時代なので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。