011-768-7190

働き方改革を推進するために取り組むべきこととは!?

昨今の日本では、働き方改革というワードが頻繁に使われるようになってきましたね。

何となくメディアなどを通して耳にしたことがある人も多いでしょうが、実際にその意味を深く理解している人は少ないのではないでしょうか。

雇われる側であればまだしも、経営者や社長など人を雇う立場の人であれば、働き方改革についてしっかり内容を理解し、かつ行動に写していかなければならないもの。

従業員の気持ちや価値観を知らずに昔ながらのスタイルのままだと、この人材不足の時代にどんどん社内から人が消えて行ってしまいますからね。

そこで今回は、働き方改革を推進するために取り組むべきことについて解説していきたいと思います!

働き方改革とは

働き方改革1

まず、働き方改革という言葉の意味について理解しておきましょう。

今の日本は、少子高齢化社会と言われているので圧倒的に労働者の割合が少ない現状です。

それゆえに多くの会社で人材不足となっている訳ですが、この問題を解決するためには働き手を増やすしかありませんよね。

しかし、従来のような若い男性ばかりが働くような社会だと、労働人口はどんどん減っていく一方。

そこで、今まで労働者としての割合が少なかった女性や、一部の高齢者の人も働くような社会にしていこうという動きがあります。

要はそうなってくると、いろんな年齢・性別の人が社会で働くことになるため、多様性が求められるようになってくるのです。

働き方改革では、今までになかったような多様な働き方、つまり

  • 残業問題の解消
  • ワークライフバランス
  • 非正規雇用者の待遇改善

などを国をあげて推進していこうとするムーブメントのことを指しています。

具体的な取り組みについて

では、実際に働き方改革の取り組みとしてどんなものがあるのか、いくつか紹介していきたいと思います!

リモートワークの普及

働き方改革2

職種にもよりますが例えばPCを使って仕事をする場合、会社に通勤しなくても仕事ができるケースが多々ありますよね。

働く場所に制限がない分、育児や介護など家庭の事情によりできるだけ家に居たい人なども仕事に参加することが可能になります。

問題点としてよく、社内でのコミュニケーション不足が生じやすくなることなどが挙げられていますが、その辺りは会社の方針や取り組み次第で全然解決できる問題でしょう。

一方で会社側のメリットとしては、交通費や電気代の削減などコストカットに繋げることができますよ。

企業はリモートワークを導入するべき!?企業がリモートワークを導入する前に把握しておくべきメリット・デメリット

育休制度の利用推進

これは働き方改革の中でも一際目立っている取り組みだと思いますが、今の時代この制度を求めて会社選びをする人は多いでしょうね。

少子高齢化社会と言われている時代なのに、子育て支援をしてくれない会社に魅力を感じる人が少ないのも無理はないでしょう。

最近では、子どもを職場に連れて行って働く「子連れ出社制度」を導入している企業も多いほど。

それほど世間の子育て支援に関する注目度は高く、政府としても出生率を上げるために企業に導入するよう促しているのです。

長時間労働の問題解決

長時間労働や残業問題は、今の日本でかなり根深い課題の一つとなっています。

残業や休日出勤があるかどうかを調べてから企業面接に臨む人も多いですが、それほど長時間労働に対する警戒度は高まっているのです。

よくニュースなどでも若者の働きすぎが原因でうつ状態になったり、最悪の場合自殺するなんて話題が取り上げられています。

このような早急に解決すべき課題を改善するために、

  • 残業申請の禁止
  • 基本給を上げて無駄な残業をやめさせる
  • 定時になったら電気が消える

などの施策を行なっている企業もたくさんあります。

昔は当たり前だったような残業問題も、今の時代ではすぐにブラック企業としてリストアップされてしまうため、早めに問題解決のために動いていかなければなりませんね。

働き方改革とは働き方改革とは具体的になんのこと!?わかりやすく説明します!

まとめ

今回は、働き方改革を推進するために取り組むべきことについて解説しました!

働き方改革では会社の負担が重くなるように感じるかもしれませんが、会社側は「働かせ方改革」を進める必要があると言えます。

タスク管理ツールや、情報共有ツールを駆使して、いかに効率をあげるかが勝負になってくるでしょう。

また、在宅ワーク導入による事務所やスタッフにかかる交通費の削減等、固定の支出を減らしていくことも大事です。

人件費に関しても、給料を安くするのではなく、オンラインアシスタント等のポイントで利用できるアウトソーシングサービスを使い、固定でかかる負担を減らすことが求められているのです。