011-768-7190

Kintoneはお客様管理に必要不可欠!?その仕組みを徹底解説

企業にとって、タスクを見える化することは非常に大切なこと。

エクセルやメールを使ってお客様管理をするのが一般的ですが、より効率的に仕事をするために欠かせないアプリが「Kintone」です。

業務を効率化して、さらにペーパー管理よりも安全かつスピーディーにすることが重要になります。

しかし、今までアプリでお客様管理をしてこなかった会社からすると、いきなりアプリを導入することは敷居が高く感じてしまいますよね。

そこで今回は、お客様管理に必要不可欠なKintoneの仕組みを徹底解説していきたいと思います!

タスクを共有して効率を上げようタスクをメンバー同士で共有することで効率は上がる!おすすめツール3選!

なぜKintoneを使うの?

キントーン1

Kintoneを会社内で導入することによって、あらゆる業務を効率化することが可能になります。

様々な作業をする際に、エクセルやメール、はたまたペーパーを使って業務を行なっている会社にとって非常に役立つアプリと言えます。

最近では労働人口の減少が問題視されるようになってきていますが、そもそも人が足りていない状況で効率の悪い、時間ばかりかかってしまう仕事をしていては話になりません。

人が足りないのであれば、今いる従業員の大半をノンコア業務からコア業務にシフトさせて、より生産性の高い仕事をしてもらわなければいけませんよね。

そのため、社内の連絡ツールでメールを使っていたり、お客様管理をペーパー管理しているようでは、人員不足の会社で大きな成果を上げることは難しくなってしまうでしょう。

時間と労力を割く必要のないタスクに関しては、Kintoneを使って業務の効率化をすることが求められているのです。

Kintoneを利用するメリット

では、Kintoneを使うとどのような良い効果が生まれるのでしょうか。

ここからは、Kintoneのメリットだと言われている3つの要素について解説していきたいと思います!

無駄な仕事を効率化してくれる

キントーン2

  • 散在するエクセル
  • 煩雑になりがちなメール
  • 紙の書類の山

など、時間ばかりかかる無駄な仕事を大幅に改善してくれるのがKintoneの強みです。

例えばメールであれば、エクセルのシートなどを送ろうと思った場合、わざわざ添付して送らなければなりませんよね?

Kintoneであれば、クラウドで仕事を進めながら、エクセルなどのファイルは簡単にアプリ化してしまうことが可能になるのです。

キントーン3

今まで散らばって管理していたエクセルシートや書類の山などは、Kintoneでアプリ化してしまうことで、探す手間も省けて業務を効率化することができますね。

社内コミュニケーションが取りやすくなる

キントーン4

従来の社内コミュニケーションツールといえば、メールや電話がほとんどでしたが、最近ではチャットアプリやSNSを使って業務連絡をする会社が増えてきています。

特に若者が多い会社だと、昔からLINEやFacebookなどのSNSを使って友人や家族と連絡を取っていた人がほとんどでしょう。

そういう若者にとってSNS型の連絡ツールは抵抗感がありませんし、SNS型の方が円滑にコミュニケーションを取れるようになるものです。

キントーン5

「報・連・相」は会社の基本的なコミュニケーションなので、世代間の壁をなくして良好な職場にするためにKintoneはぴったりのツールだと言えます。

場所に縛られない働き方をサポート

キントーン6

KintoneはPCだけでなく、スマホやタブレットにも対応しているため、場所の制約なしに働くことが可能になります。

また、その場合社内情報が外部に流出してしまうんじゃないかと心配になってしまいますが、Kintoneでは脆弱性対策も行われているので、安心してサービスを利用することができるのです。

キントーン7

さらに、

  • 日本語
  • 中国語
  • 英語

にも対応しているので、グローバルにコミュニケーションをとりながら仕事を行うことが出来ますね。

まとめ

今回は、お客様管理に必要不可欠なKintoneの仕組みを徹底解説しました!

お客様管理でアプリを使っていなかった会社からすると抵抗感があるかもしれませんが、Kintoneは使いやすさと利便性に長けているためオススメのアプリです。

今回解説したメリットを参考にしながら、あなたの会社で抱えている問題点を解決してみてくださいね!

Kintoneはお客様管理に必要不可欠!?基本操作を徹底解説