011-768-7190

web面接は録画すべし!トラブルを防ぐための方法を知ろう!

皆さんの企業では就活生を面接する際に、Web面接を利用していますか?

Web面接を利用すれば、

  • 遠方にいる就活生を移動ナシで面接できる
  • 面接会場を用意する必要がない

などなど、様々なメリットがありますが、そのWeb面接を録画までしている企業は多くはありません。

Web面接を録画しておくことでもさらにメリットがあり、録画をしておかないことは損と言えるので、Web面接をしている企業は積極的に録画するべきでしょう。

というわけで今回は、Web面接を録画するメリットと注意すべきこと等について解説していきます!

Web面接を録画するメリット

Web面接を録画するメリット

ではさっそく、Web面接を録画するメリットについて解説していきます!

今回は特に重要な点を4つピックアップしました!

就活生の後日精査ができる

面接時のデータを残しておくことで、面接終了後も就活生を精査し、より詳細に判断することができます。

そのため、面接時に気づけなかった良い点、悪い点など、後から見つけることができた要素も採用活動に利用することができるでしょう。

また、後に採用候補を絞り込む際にも、記録を見て比較することで、記憶に頼るよりも高い精度で就活生を測ることができます。

面接官の評価基準を揃えれる

面接と言ってもロボットではなく人間が行いますし、実際の面接は様々な面接官が担当します。

そのため、人によって評価するポイントがバラバラになってしまい、本当に会社のニーズに合った人材なのかどうか、判断が困難になってしまいます。

しかし、面接のデータを残しておき、他の面接官と議論をすることで就活生の評価基準を揃えることができれば、会社に必要な人材を正確に採用できるようになるでしょう。

面接のフィードバックができる

録画したデータを振り返ることで、面接官が自身の反省をすることもできます。

というのも、例えば圧迫面接など、ニュースやネットで取り上げられるだけで会社の評判が下がってしまうような行為もあるため、面接官自身も面接を振り返り、改善していく必要があるからです。

また、録画したデータを先輩上司など、第三者に見てもらえば、より経験の豊富な人からのフィードバックを受けることに繋がり、言葉づかいや振る舞いの改善など、面接官の成長につながるでしょう。

面接官の教育に役立てれる

リアルタイムの面接では、良い質問もあれば、悪い質問などのミスも起こしてしまいます。

そういった内容を録画できていれば、後にWeb面接の動画を教材化して、会社内の面接官教育に活用することができます。

また、面接を担当したことのない社員も、録画を見ることで面接の雰囲気を掴めるため、Web面接を録画しておくことは一石二鳥と言えるでしょう。

Web面接を録画する際に注意すべきこと

Web面接を録画する際に注意すべきこと

もちろん、就活生の面接を録画するため、なんでもかんでも録画していいというわけではありません。

そのため、Web面接を録画する際に注意すべきことについても解説していきます。

就活生に許可をとるなどの配慮が必要

Web面接を録画すること自体は違法ではないのですが、無断で録画を始めるようなことは避けておきましょう。

というのも、無断で録画をし、それが就活生にバレてしまった際、SNSやネットでうわさが広まると会社の評判が下がってしまう可能性があるためです。

そのため、マナーとしても事前に面接を録画する旨を伝えておくべきでしょう。

データの管理を徹底

もし仮にデータの紛失や、個人情報の漏洩といった問題が起きてしまうと、会社の信用は大きく下がってしまいます。

なので、当然のことですがデータの徹底管理は必要です。

Web面接を録画する方法

では、Web面接を録画する方法について、Macの場合とWindowsの場合を分けて解説していきます!

Macの場合

MacのOSがMojaveの場合は、「shift + command(⌘) + 5」キーを押すことで、スクリーンショットや動画撮影のためのコントロールが表示されます。

Macで録画する場合

引用元:Apple公式サポート

そのコントロールを利用し、Web面接を録画することが可能です。

また、「アプリケーション」フォルダから「Quick Time Player」を開き、メニューバーから「ファイル」→「新規画面収録」の順に選択することでも、録画が可能です。

Windowsの場合

Windowsの場合は、「Win + G」キーを押すことで、「ゲームバー」が表示されるので、こちらのパネルを利用して録画することができます。

また、「Win + Alt + G」キーを押せば、ゲームバーを呼び出すことなく録画を始めれるので、面接の途中からでも録画可能です。

おすすめWeb面接ツール

おすすめの録画ツール

Web面接をする際、Skypeなどのツールが使われることも多いですが、アカウントの追加など必要な手続きが多く面倒です。

そこで、おすすめなのがappear.in等、登録不要ですぐにビデオチャットができる特徴を持ったビデオチャットサービスです。

グループワークにおすすめなwebツール5選グループワークの生産性を向上させるために必要なおすすめのWebツール5選!

こういったツールを活用しつつ、Web面接の録画も行えば、採用コストを抑えつつ、良い採用活動と面接官の育成を同時に行えるでしょう。

もちろん録画をするには、トラブルを避けるため注意する点がいくつかありますが、企業にとって損はないと言えるので、積極的に活用していきましょう!