011-768-7190

外回り営業は時間の無駄!インサイドセールスという新しい時代の営業方法を活用しよう!

インサイドセールスを利用するメリット

これまでの営業は多くの取引先を体一つで訪問する「フィールドセールス」という外勤型営業が主流でしたが、昨今は人材不足などの問題もあり「インサイドセールス」という新しい営業を取り入れる企業が増えてきました。

インサイドセールスを取り入れたことで、これまで契約締結に必要だった業務フローを大幅に減らすことができ、業務を効率化した企業は少なくありません。

今回は、そんなインサイドセールスをメリットと一緒に解説します!

インサイドセールスとは

インサイドセールスとは何か

インサイドセールスは、国土が広く多くの取引先を回ることができないという理由から、アメリカで生まれました。メールや電話・Web会議ツールなどを利用し、取引先に訪問することなく営業活動を行えるため、内勤型営業ともいわれています。

インサイドセールスはこれまでの営業スタイルと違い、以下のようなフローになっています。

  1. 見込み客の一覧からメールや電話をする
  2. 興味を持った見込み客にヒアリング
  3. フィールドセールス側に情報を渡す

実際に受注まで持ち込む場合もありますが、情報提供や細かな連絡で関係を維持し、「そろそろ受注できそうだな」という段階まで顧客の関心を育成することが特に重要な役割です。

従来のフィールドセールスのみの営業スタイルの場合、ヒアリングまでの過程に時間をとられていましたが、インサイドセールスを取り入れたことで受注までの流れが簡略化したのです。

インサイドセールスを活用するメリット

すでにインサイドセールスを導入している日本企業も多く、時代の主流に乗っているスタイルと言えますが、ニーズが高まっている理由はそのメリットにあります。

ここからは、そのインサイドセールスを活用するメリットについて解説していきます!

少ない人材で成果を上げることができる

昨今の労働市場は「売り手市場」と呼ばれており、ベンチャー企業だけにとどまらず多くの企業で人手不足の問題が絶えません。しかし売り上げをアップさせるために、単純に採用数を増やすというのも賢い選択とは言えません。

そういった場合に、インサイドセールスを活用することがおすすめなのです。

インサイドセールスという営業スタイルなら、

  • 会社訪問の必要がない
  • 移動時間がゼロ
  • 1人で多くの会社に営業をかけることができる

というメリットがあります。

従来のフィールドセールスのみの営業スタイルの場合、商談の時間や移動にかかる時間を含めて考えると、1日にアプローチできる顧客は多くても数件でしょう。

しかし、インサイドセールスの場合なら1日に数十件以上の電話をかけることも可能なので、営業業務の効率も上がり、顧客先のカバー率も上がります。

生産性の向上

今の時代に、「革新的に新しい商品やサービス」を作って売るというのことは、簡単なことではありません。また、例えばITの世界に見られるクラウドサービスの場合、安価なサービスが台頭したりと、商品やサービスの競争率はますます高くなっています。

そのため企業は売り上げをアップさせるために、営業や業務の効率を上げるなど、生産性を向上させる必要に迫られています。

そんな厳しい状況を打開するためにも、インサイドセールスを取り入ることは非常に有効です。

例えば、フィールドセールスのみの場合、見込み客を順番に回っていくことが多いですが、間にインサイドセールスを取り入れることで、優先度の高い企業を判断しアプローチできるので、売り上げに直接結びつく営業を行うことができます。

また、インサイドセールスにより無駄な移動回数も減るので、交通費や経費削減により会社のコストは削減、企業としての生産性は大きく上がります。

加えて、インサイドセールスの担当が多くいれば、より多くの見込み企業へアプローチできるので、少人数の企業でも組織として高い成果を出すことが可能でしょう。

人材を有効活用できる

「営業」と聞けば、男性が多いイメージを持つかもしれませんが、インサイドセールスなら女性の力を活用することもできます。

例えば、遅い時間まで働くことが難しい女性でも、メールや電話で営業をするスタイルであれば在宅勤務で業務を行うことができます。

さらに、昨今は在宅ワークをメインにするフリーランスが増加しています。インサイドセールスは、働く場所にとらわれない営業スタイルなので、在宅ワーカーやフリーランスにインサイドセールスを任せれば、人件費を下げつつ営業を行うことができます。

このように、人材不足の少人数企業でも、社外のスキルを持った人材に営業を任せることで、少人数でも回せる組織にすることができるのです。

さいごに

営業の効率アップや売り上げアップの見込みの高さを考えると、インサイドセールスという営業スタイルは、多くの日本企業でますます取り入れられていくでしょう。

というのも、インサイドセールスの場合、会社内の人材だけでなく、社外のリソースも活用できるからです。

現在では在宅ワーカーやフリーランスなど、自社の名刺を持たない人でさえ営業できる時代になっているので、社外の人材を活用していくのは必須と言えます。

しかしながら、在宅ワーカーやフリーランスを利用する場合、スキルがあり最後まで仕事をやり遂げてもらえる人を探すのは簡単なことではありません。

オンラインアシスタントなら、一定のスキルが認められた人材がオンラインアシスタントサービス会社に所属しており、時間単位で契約できるので、安心して任せれるでしょう。

今後、営業効率を上げるためにインサイドセールスを取り入れようと考えている場合は、オンラインアシスタントサービスの活用も考えてみてください。