011-768-7190

人手不足企業の救世主!オンラインアシスタントサービスの魅力とは?

オンラインアシスタントサービスの魅力を解説!

多くの企業が人材難で嘆いている昨今、みなさんの企業ではどのように多くの業務を処理していますか?

  • 社員が残業をして処理している
  • 派遣社員の力を借りている

などなど、こういった方法で多すぎる業務をさばいている企業も多いでしょう。

しかし、ITサービスが発達した現在では、オンラインアシスタントサービスを活用するほうが時間もコストも効率的だと言えます。

人手不足や人件費に悩んでいる企業こそ、オンラインアシスタントサービスを活用すべきなのです。

というわけで今回は、オンラインアシスタントサービスの魅力について解説していきます!

オンラインアシスタントが救世主である理由オンラインアシスタントサービスは中小企業の救世主である5つの理由

そもそもオンラインアシスタントサービスとは?

オンラインアシスタントサービスとは何か

オンラインアシスタントサービスとは、スキルを持ったアシスタントにネットを通じて仕事を依頼することのできるクラウドサービスのことです。

様々なスキルを持ったアシスタントがいるため、バックオフィス業務から専門的な業務まで、幅広い仕事を依頼することができるという特徴を持っています。

また、これまでのアウトソーシング先としては、

  • 派遣社員
  • 専門業者
  • フリーランス

といった選択肢が主流でしたが、オンラインアシスタントサービスの台頭により、これまでの外注先と切り替え、オンラインアシスタントサービスを導入する企業も増えてきました。

オンラインアシスタントサービスの魅力

オンラインアシスタントサービスの魅力

というわけで、ここからはオンラインアシスタントサービスの魅力について解説していきます!

様々なスキルを持ったアシスタントが在籍

オンラインアシスタントサービス会社には、

  • 経理などのバックオフィス業務
  • Webライター
  • テレマーケティング

などなど、様々な専門スキルを持ったアシスタントが多数在籍しています。

そのため、これまでは外注先を分けなければならなかった業務でも、オンラインアシスタントサービスのみで完結させることができるようになりました。

また在籍しているアシスタントは、全員面接を通して一定のスキルがあると認められているため、業務の質も高いのが特徴です。

比較的安価でアウトソーシング可能

以前は外部の力に頼る場合、

  • 派遣社員を社内に常駐させる
  • コストの高い専門業者に依頼する

といった選択をとる企業が多かったでしょう。

どちらも比較的コストがかかっていましたが、オンラインアシスタントサービスであれば、

  • オンライン上で完結するため、人件費がかからない
  • 時間単位で契約するため、無駄なコストがかからない(後述)

といった特徴があるため、従来よりも比較的安価に外部の力を利用することができるようになりました。

ディレクターが仕事をまとめるため依頼が容易

例えば、フリーランスに仕事を依頼する場合、

  1. クラウドソーシングで条件の良いフリーランスを探す
  2. スキルや条件面を確認するのに、いくらかやり取りをする
  3. 仕事を依頼する

といった流れを、フリーランスごとにしなければなりません。

しかしオンラインアシスタントサービスであれば、仕事を依頼する際に企業とアシスタントの間にディレクターが入り業務内容をまとめるので、アシスタントが変わったとしても企業側が何度も説明する必要はありません。

そのため、アウトソーシング先の中でも、仕事を依頼するのが容易だと言えるでしょう。

時間単位で契約可能

オンラインアシスタントサービスは、時間単位で契約することがほとんどです。

フリーランスに依頼する場合、頼んでいた仕事が完了すれば契約終了で、追加の仕事を依頼するには別の費用が必要でしたが、オンラインアシスタントに依頼する場合は不要です。

依頼していた仕事が契約時間内で終わったとしても、残りの時間は別の仕事を依頼することができます。

社内にスペースや備品を用意する必要がない

もしも、派遣社員を社内に常駐させようとすれば、スペースや備品を確保する必要があります。

そのため、

  • スペースがなければ派遣社員の力を活用できない
  • 備品の準備もコストになってしまう

といった場合が考えられるでしょう。

しかしオンラインアシスタントサービスであれば、ネット上で仕事が完結するため、スペースも備品も用意する必要がなく、必要最低限の契約コストだけで外部の力を利用することができます。

オンラインアシスタントサービスのデメリットは?

オンラインアシスタントサービスのデメリット

では、オンラインアシスタントサービスの魅力に加えて、そのデメリットについても解説していきます。

連絡ツールの導入が必要

オンラインアシスタントサービスは、基本ネット上で連絡を取り合うため、その連絡を取るためのツールが必要です。

現在では、

  • Slack
  • ChatWork

など、オンライン上で簡単にビジネスチャットができるサービスがあるので、こういったツールを導入しておくと良いでしょう。

ネット上で完結しない仕事の依頼は難しい

オンラインアシスタントサービスは、基本ネット上で完結する仕事を依頼するサービスのため、ネット上で完結しない仕事は依頼することができません。

企業内の書類が基本紙媒体であれば、電子化に対応する必要があります。

さいごに

オンラインアシスタントサービスを活用しよう!

今後アウトソーシングを検討しているのであれば、オンラインアシスタントサービスの活用は非常におすすめと言えます。

数ある外注先と比較しても、コストが安価で、契約後すぐに仕事に取り掛かることができるため、無駄な時間もなくすことができます。

ビズワーカーズの料金表

弊社の場合、費用は画像の通りです。契約時間が長いほど時間単位のコストも低くなるため、様々な仕事を依頼したいという場合は特に活用できるでしょう。

事務処理代行と別の解決策事務処理代行を利用するなら専門業者より〇〇を使うべき!

人材不足が多くの企業で嘆かれている今だからこそ、オンラインアシスタントサービスの活用を検討してみてください!