011-768-7190

人件費高騰による経営危機を迫られている経営者が知っておくべきこと

近年、企業の人手不足が深刻化しているにも関わらず、なかなか人が雇えない企業が多いです。

企業にとって人を雇いたい気持ちは山々なのですが、本音としては人件費が高騰していることがネックとなっているのです。

特に中小企業やベンチャーにとって、人件費の高騰は大きな経営負担になってしまい、最悪倒産に陥ってしまう可能性すらあります。

なぜ人件費が高騰しているのか、そして、そんな状態から一刻も早く脱するためには何をすれば良いのでしょうか?

今回は、人件費高騰による経営危機を迫られている経営者が知っておくべきことについて解説していきたいと思います!

人手不足の倒産が増えている原因とオンラインにある解決方法

人件費が高騰している理由とは?

人件費高騰1

まず、人件費が高騰している理由について考えてみましょう。

これは需要と供給の問題で、求人広告を出しても働き手が少ないため生じているからです。

就職氷河期のように働き手の方が求人の数よりも多い場合は、人件費は低落していきますね。

ではなぜ、働き手が求人の数よりも少ないのか。働き手が少ない理由はたくさん考えられますが、最も影響しているの原因は「労働人口の減少」によるものが大きいです。

今の日本は、世界的にみても例のない少子高齢化現象を起こしていて、労働人口よりも高齢者の割合が圧倒的に高くなってしまっています。

そう、理由はいたってシンプルで、人がいないのです。そのため、労働人口と言われている15歳〜64歳を雇うための費用が高騰しています。

もちろん他にも、働き方の多様化によるフリーランスの増加なども原因として考えられますが、人口現象に比べるとそこまで大きな原因とは言えませんね。

人件費高騰による経営危機から脱する方法

では、人件費が高騰している現代において、どのようにすれば人手不足による経営危機から脱することが出来るでしょうか?

人件費以外の支出を減らす

人件費が高騰しているのであれば、それ以外の支出を減らすことで経営危機を脱することが出来るかもしれませんね。

しっかりとしたコストカットを行うことで、無駄な出費を抑えて人件費に充てることができれば問題は解決します。

ただ、コストカットを行うとなると

  • 飲み会などの交際費
  • タクシーなどの交通費
  • 電気や水道などの光熱費

などから予算を削ることになるので、従業員の不満が出る可能性があります。

ただでさえ人件費高騰で社内の人材が不足しているのに、今の社員にも辞められてしまったら元も子もありませんね。

コストカットを行う際は、しっかり従業員の同意を得た上で慎重に行わなければならないでしょう。

一人当たりの生産性を上げる

従業員の数が足りないのであれば、一人当たりの生産性を上げることで人手不足を解消することに繋がります。

単に一人当たりの仕事量を増やす訳ではなく、環境を整えたり、フレックスタイム制度などを導入することで、作業効率を上げることができます。

また、生産性を上げるために工程の見直しも必要になってきます。

特に昔から続く企業では、時代に合っていない非効率な文化やルールが顕在化していますよね?

  • 飛び込み営業
  • FAX
  • 無駄に長い朝礼や終礼

など、あまり必要ないと思われる工程やルールは、時代に合ったものに変化させて行かなければなりません。

もちろん業種にもよりますが、無駄に時間や労力がかかっているものはどんどん変えていくことで時間にゆとりが出来るようになり、生産性の向上に繋がります。

アウトソーシングを利用する

「生産性を上げる」にも関わってくる内容ですが、直接利益に結びつくコア業務に携わる人を社内で増やすためにも、雑務などは外注していく必要があります。
付帯業務社内の付帯業務をどれだけ減らせるかが企業の売上の鍵となる! 社内の人材リソースが足りていないからこそ、従業員には直接利益に結びつくコア業務に専念してもらう必要がありますからね。

クラウドソーシングやオンラインアシスタントサービスなど、アウトソーシングを利用することで人件費高騰による経営危機から脱することに繋がります。

ただ、クラウドソーシングは

  • 面談や選定
  • 納品物のチェック
  • スケジュールの管理

などで、結局時間と労力がかかってしまう場合がありますので、オンラインアシスタントサービスで丸ごとアウトソーシングするのがおすすめです。

今の時代当たり前?経理業務アウトソースするメリット・デメリット

オンラインアシスタントサービスの利用で本当に人件費の削減に繋がるのか?

例えば正社員を雇った場合。
求人広告の費用に加え、社会保険料、福利厚生や設備費用など間接部門の費用を考えると、従業員に支払う給与の1.5倍~2倍になると言われています。

月収30万(年収360万)の正社員を雇った場合

雇用保険・労災保険 3万2400円(年間)
厚生年金・健康保険 51万3720円(年間)
合計 4,146,120円
こちらに通勤手当、住宅手当等の福利厚生、PCの貸与、光熱水費等を考えますと確かに2倍程度の負担となりますね。

BizWorkers(ビズワーカーズ)を利用した場合

弊社が提供するオンラインアシスタントサービス「BizWorkers」は、業界最安値の水準となっています。
月160時間契約していただいた場合、8時間*20日=160時間となりますので、フルタイム1名を雇用したのと同等になります。

時間単価1800円*160時間=288000円(税別)
固定の費用はこれだけです。

月30万と考えればさほど変わりないように見えますが上記でご説明した通り、「実はかかっている事業者側の負担」を考えると、正社員を雇用する場合より断然コストが削減できることになります。

また、一人の人間を雇用するとどうしても得意・不得意がありますよね。
BizWorkersの場合はチーム制で作業を行うため、複数ジャンルの業務をご依頼いただいた場合でも、それぞれそのジャンルを得意とするアシスタントが担当いたしますので安心してお任せください。

MEMO
人手不足の中で、BizWorkersではどんな人が働いているの?とご質問頂く場合があります。
弊社でアシスタントとして働いているのは
・子供がいてフルタイムで働くのが難しい
・介護で出勤するのが難しい
など、在宅で働きたい理由のある主婦層がメインです。
「どんな環境でも社会で活躍したい!」という熱意を持ったアシスタントが複数名でチーム体制を作り、クライアント様をサポートさせて頂いています。

まとめ

人件費高騰2

今回は、人件費高騰による経営危機を迫られている経営者が知っておくべきことについて解説しました!

有力な手段として3つの方法を解説しましたが、やはり最も効果的なのはアウトソーシングの利用ですね。

特に、採用コストがかからないオンラインアシスタントサービスであればスポット利用も可能なので、固定で高い人件費を払う必要がなくなります。

もちろん、社内にいないとできない業務もたくさんあるので、社内にいる必要がない付帯業務や雑務をアウトソーシングするのがおすすめです。
社内の従業員でコア業務に専念することが出来るので、経営危機と人材不足の両方を解決する有力な手段となりますよ。

人件費高騰でお悩みの企業の方は、この機会にオンラインアシスタントサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。