011-768-7190

業務委託先選びは社運を分ける!委託先の賢い選び方【2020年版】

人手が足りないと感じながらも、人権の削減が行われるような企業も多く、こんな仕事まで私が?、、、と、企業の売上に繋がらないような雑務ばかりに追われている人も多いのではないでしょうか?

仕方がないと言えばそれまでですが、時代は代わり働き方改革が提議されている今、会社に属さずフリーランスとして働く人も年々増え、アウトソーシング先(業務委託先)の選択肢も増えています

そのため、社内の人材をコア業務に集中させるためにも、ノンコア(雑務)業務を社外にアウトソーシングするのも一般的になってきました。業務委託をすることで、従業員を増やさず固定コストも削減できるので一石二鳥ですね!

しかし業務委託を依頼するにも、どこに依頼するのが正解なのかは難しいところ。今回は一体どこに頼めばいい!?なんて人のために、業務委託先の選び方を解説していきます!

業務委託先をメリット・デメリットから比較

業務委託先はメリットとデメリットで比較しよう。

業務委託先は、

  • どんなスキルが必要になるのか
  • どの程度の期間が必要なのか
  • 充てることのできる費用はいくらか

などなど、会社のニーズに合わせて選ぶべきですが、業務委託先のそれぞれの特徴を理解しておくことが最優先です。

というわけで今回は業務委託先として代表的な、

  • 派遣社員
  • フリーランス
  • オンラインアシスタントサービス

これら3つをそれぞれのメリット、デメリットを見ながら比較して解説していきます!

派遣社員を雇う

派遣社員とは人材派遣会社に雇用されている人材のことで、会社のニーズに合わせて適切な人材を社内に常駐させることができます。

派遣社員はその契約形態から、フリーランスやオンラインアシスタントに比べて比較的長期的な契約となることが多いのが特徴です。

メリット

  • 正社員よりも低いコストで社員として雇うことができる
  • 実務経験があり、スキルを持った人材を雇うことできる
  • 実際に来社し対面で働いてもらうので、業務指示がしやすく安心感がある

デメリット

  • 派遣会社により派遣されるため、ニーズに合った人材が来るとは限らない
  • 来社のためのスペースや物品などの確保が必要
  • 契約期間中の離職の可能性もある

費用について

他のフリーランスやオンラインアシスタントに比べると長期間の契約になり、派遣社員が働くために様々な用意をしなければならないので、費用は比較的高くなります。

また、派遣社員が必要でない時期になると人件費が無駄になってしまう可能性もあります。

時給が高い派遣社員を企業が好むわけを徹底分析。時給が高い派遣社員を企業が好むわけを徹底分析。正社員だと負担額が高い!?

フリーランスに依頼する

フリーランスとして活動をしている人は多いですが、その多くがクラウドソーシングというオンラインビジネスマッチングサービスを利用しています。

最近は大手クラウドソーシングサービスに登録しているフリーランスはかなりの数になっており、求める人材は容易に見つかるでしょう。

メリット

  • 案件1つ1つに報酬を支払うので、無駄なコストはほぼない
  • 雇用という形態をとらないので、働く場所や物品を用意する必要がない
  • 一定のスキルをテストしたうえで依頼するかどうかを選択できる

デメリット

  • 最後まで仕事を遂行してくれる信頼性の高い人を探すことが困難
  • 実績の豊富なフリーランスは継続契約をすることが難しい(多くのクライアントから仕事を任されているため)
  • 依頼するフリーランスごとに業務の説明をしなければならない

費用について

実績とスキルの高いフリーランスに依頼する場合にはそれなりに費用が掛かりますが、全体的な相場としては安価で依頼することができます。

そのため依頼する仕事が比較的容易な内容であれば、フリーランスに依頼するほうがベターです。

オンラインアシスタントサービスを利用する

オンラインアシスタントとはWeb上で業務サポート行うアシスタントのことで、オンラインアシスタントサービスの会社に所属しています。

また、期間契約の形をとるので、位置づけとしては派遣社員とフリーランスの中間と言えるでしょう。

メリット

  • 働く場所や物品を用意する必要がない
  • スキルの信頼性が高い人材に依頼できる
  • 期間契約なので継続で依頼することも容易
  • 知識のある専属ディレクターが間に入るので、さぎょう
  • 様々なスキルを持った人材が所属しているので、ほかで人材を探す手間が省ける

デメリット

  • オンラインでコミュニケーションをとるので、対面の際よりも工夫が必要
  • 基本はオンライン完結の業務しか依頼することができない

費用について

契約期間を任意に設定することができるので、派遣社員を雇用するよりも安価で依頼することができます。

ちなみに、弊社のアシスタントに依頼する際の費用は以下の通りです。

ビズワーカーズの料金表

会社のニーズに合わせた時間利用することができるので、人件費を抑えるためにはベストと言えるでしょう。

オンラインアシスタントが救世主である理由オンラインアシスタントサービスは中小企業の救世主である5つの理由

まとめ

業務委託先は会社のニーズに合わせて選びましょう!

派遣社員やフリーランス、オンラインアシスタントサービスはそれぞれの特徴を持っているので、自らの状況を理解する上で使うの最善策です。

  • 来社してもらい、長期的に対面で勤務してほしいのなら派遣社員
  • とにかく費用を抑えたいのであればフリーランス
  • ニーズに応じた期間、信頼性の高い業務委託をしたいのならオンラインアシスタントサービス

このように選択肢は多くあるので、業務が効率化できずなかなか売上が上がらない状況であれば、ノンコア業務と言われる部分を勇気を持って外部リソースに投げてみてはいかがでしょうか?